レンタル撮影スタジオ・ハウススタジオポータルサイト「SHOOTEST」

SEARCH

GOBLIN.スペースプランナーの方々にインタビューしてきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SHOOTEST編集部です!

今回の特集記事ということで、いつもと少し切り口を変えてお届けします!
普段はSHOOTESTに掲載されているスタジオ自体のご紹介をさせていただくのですが、
今回はスタジオ運営の「中の人」たちを取材してまいりました!

今回お邪魔させていただいたのは、
SHOOTESTの取材でも紹介している「レンタルスペースGOBLIN.」の方々。

スペースプランナーとして受付をしている
熊谷さん、原さん、横田さん(写真左から)のお三方にご協力いただき、
インタビューをしてまいりました!

日々、たくさんのスタジオへのお問い合わせを受付している中で、
どんな思いをもって向き合っているのか、掘り下げて来ました。

WEBだけで予約ができてしまう今だからこそ、「直接お話すること」を大切に。

–現在GOBLIN.さんではどれぐらいの数のスタジオを運営されているのですか?

熊谷さん:提携等も含めると、50以上のスタジオを取り扱っています。
いわゆる「スタジオポータルサイト」という捉え方だと少ないように思えますが、
僕たちの場合は掲載しているスタジオをちゃんと自分たちで現地確認しているので、
「ただ掲載している」だけでない、というのが最大の強みです。

 

–近年、とくにスタジオ検索サイトが増えましたもんね。

熊谷さん:数千件のスタジオを掲載!なんていうところもありますが、
そうなってくると運営側が全てのスタジオの内容を把握するのは不可能ですし、
お客様の質問にも瞬時にお答えできないですよね。
お問い合わせをくださるお客様は、
少なからず「確認したいこと」や「不安なこと」があってご連絡をくださっているので、
そのご要望にすぐに対応できるようにするためには今の掲載数が適正かな、と思っています。

 

–GOBLIN.さんではご予約の際には必ず「電話での確認」があるとお伺いしましたが、
   これも先ほどのお話に関係していたり?

熊谷さん:まさにおっしゃる通りで、直接お声をきくこと、
また、僕らからも声を届けることをとても大切にしています。
WEB上だけでスタジオが押さえられる時代に、
内容などをしっかりとお電話で確認することを必ず行なっています。
一見非効率に見えるかもしれませんが、
これによって「お客様が本当に求めていること」を知ることができますし、
それを知ることで「あれ、もしかしたらこっちのスタジオの方があうかも?」など、
よりニーズにあったスタジオや料金プランをご提案することができるので。

 

–それはユーザー側としてはとてもうれしいし、心強いです!

熊谷さん:お客様の大切な時間をいただいているので、できるだけスムーズに、
且つより高い満足度を感じていただけるように、
日頃から自分たちが扱っているスタジオのことを知ることがとても大切なんです。

 

現地を知るからこそ伝えられること。

–お問い合わせの受付以外に、ご利用時の立会いなどもされているとのことですが、
   その際に気をつけていることはありますか?

原さん:スタジオメンテナンスは特に気をつけています。
どんなにスペックの良いスタジオでも、清掃が行き届いていなかったり、
インテリアが乱れていたりすると、
それだけでがくんと魅力が落ちてしまうので、一回一回の利用後の清掃はもちろん、
「これがあったら喜ばれるかな?」など、常にブラッシュアップも考えています。

–なるほど。ブラッシュアップのアイディアなどは、
   実際にスタジオにいかないと思いつきませんもんね。

原さん:サイト上の写真だけでも伝わる内容はもちろんあるのですが、
自然光の入り方がどうなのかとか、
録音を伴う撮影の場合は周辺の環境音がどうなっているのか、など、
どうしても現地を知らないとお伝えできない情報が多いですから。

 

–実際に現地でご案内されるときに意識していることなどはありますか?

原さん:電話での受付の時にも言えることなのですが、
「しっかり伝わる言い回し」をすることを心がけています。
スタジオごとに特徴や注意事項が違うので、安全にそして快適にお使いいただくためにも、
しっかりと情報を伝えることを意識しています。

「また使いたい」そう言っていただける瞬間が最高にうれしい。

–スペースプランナーとして、嬉しい瞬間はどんな時ですか?

横田さん:月並みですけど、やはり「いいスタジオでした、ありがとう」
と言っていただけた時はうれしいですね。
お電話でもそうですが、現地で立会いをしている時に
直接笑顔でお伝えいただいた時などは、特に実感しますね。

 

–GOBLIN.さんの場合は、お電話も含めお客様とコミュニケーションをとる機会が多いですもんね!

横田さん:事前のやりとりを担当させていただいていたお客様から
「当日の立会いもお願いしたいです」って言っていただけると嬉しいですし、
個人的にはお客様伝いに
「この前対応してくださった○○さん、とても丁寧でよかったです」って声をいただけると、
GOBLIN.というチームとしてお客様に評価していただけたのだなぁ
という気持ちになるので、とてもうれしいですね!

 

–実際に運営してる方々の顔や声がきけるというのは、ユーザーとしてもとても安心感がありますよね。

横田さん:スタジオがよかったからリピートしていただけるというのはもちろんですが、
私たちプランナーの対応を気に入っていただけて
「また使いたいです!」と言っていただけることは、
このスタイルで運営しているGOBLIN.ならではだなぁと思うので、
これからも大切にしていきたいと思います。

 


 

聞けば聞くほどスタジオ運営に対して熱い想いが溢れてくるインタビューでした。
「自分たちの接客もスタジオスペックの一つ」。
そんな風に考えながら対応されている運営会社さんもなかなかないのではないでしょうか。

素敵なスタジオをたくさん運営していますので、
ぜひSHOOTESTサイト上からご覧になって見てくださいね☆

SHOOTESTでは今後も、スタジオ情報だけでなく、
こうしたスタジオを支えている「ひと」にもフォーカスしていく予定です。
「ひと」と「場所」があって初めてその空間は「スタジオ」になるのだと思います。

ぜひ今後もSHOOTESTの特集記事をお楽しみに!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加