レンタル撮影スタジオ・ハウススタジオポータルサイト「SHOOTEST」

SEARCH
作例検索

【絶景を巡る写真旅】vol.4– 富士山 –

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!SHOOTEST編集部専属ライターの藤田真奈です。

カメラマンBack Vallyによる絶景を巡る写真旅も第4回を迎えます。

寒さも深まってきたここ最近。

今回は、日本の夏にしか見ることのできない「富士山」が舞台です。

カメラを片手に富士登山をしたBack Vallyの写真をご紹介します!

富士山のこと知ってる?

早く写真が見たい!その前に、少しだけ富士山についてご紹介します。
富士山は、静岡県と山梨県にまたがる、日本最大の活火山です。

2013年には、「富士山ー信仰の対象と芸術の源泉」という名前でユネスコ世界文化遺産に登録されました。
世界にその名を連ねる名山ですが、近頃はゴミ問題などが話題になっていますよね。

そんな富士山で、Back Vallyは一体どんな写真を納めたのでしょうか?一枚ずつご覧ください。

朝の富士山

実は、Back Vallyは富士登山を2度も経験しているんです。朝と夜の2つの顔を見たとのこと。あなたはどちらの顔が好きですか?

真っ青な空と、大きな太陽。まるで、自分たちがすごく小さな人間のように感じる1枚です。

綿菓子のような雲。歩いて太陽まで渡っていけそう。写真でもここまで雲の立体感を出せるなんてさすがの腕前です。

富士山からの景色は、飛行機から見る景色とはまた少し違っています。

「果てしなく続く空」という言葉が浮かんでくる写真です。

こんなに分厚い雲と同じ目線に立てる場所なんて、他にはあまりないですよね。

雲が幻想的。

風に吹かれて、今にも雲がこちらにやってきそう。

ディズニーのアニメの世界に飛び込んだかのような一枚です。圧巻の光景ですね。

夜の富士山

それでは、夜の光景も見せてもらいましょう。

当時学生だったBack Vallyは、学生仲間100人で富士山に登ったのだとか。

仲間と登れば、大変さもあまり感じませんよね。

電気も何もない富士山。真っ暗な夜空を見上げると、そこには無数の星が広がっています。

都会に住んでいると、見ることのできない光景ですよね。こんなにたくさんの星が夜空には散りばめられているんです。

新しい星座を作りたくなっちゃいませんか?

いよいよ、ご来光の時間が近づいてきます。

ワクワクと胸が踊る時間ですよね。

「うわぁ」と思わず声に出してしまいたくなる光景。

これを見るためだけでも、富士山登山をする価値があります。


いかがでしたか?

Back Vallyの写真を見ていたら、富士山に行ってみたくなっちゃいましたよね。

ぜひ、次の夏には富士登山にチャレンジしてみては?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加