レンタル撮影スタジオ・ハウススタジオポータルサイト「SHOOTEST」

SEARCH

【レンズレビュー】AI Nikkor 85mm F2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
SHOOTEST編集部です。

今回は久々にオールドレンズを仕入れてみましたので、そちらをご紹介したいと思います。
今回ご紹介するのは「AI Nikkor 85mm F2」です。

「ポートレートレンズ」としても非常に人気の高い中望遠の焦点距離85mm。
その中でもこのNIKONの「Nikkor 85mm F2」というレンズは、より口径の大きい「F1.8」や「F1.4」のモデルと比べ持ち運びやすい小型であることと、85mmレンズの中では比較的安価に手に入ることから、オールドレンズの中でも人気の高い一本です。

いわゆる撒き餌レンズからはちょっと脱してみたいけど、純正や現行レンズの85mmは高くて買えない・・・という方には、とてもオススメのレンズです。

ポートレートの作例を見たい方はこちらの記事へ!

今回の使用環境

今回はこちらの「AI Nikkor 85mm F2」をSONYのa7ⅱに装着して撮影してきました。
もちろん、そのままではマウントが合いませんので、NIKONのマウントをSONYのEマウントに変換するマウントアダプターを使用します。

オールドレンズに限らず、マウント違いのレンズを使用する際はそれぞれにあったマウントアダプターが必要になりますので、ご自身がお持ちのカメラ本体と使いたいレンズのマウントを調べてからご購入されることをオススメします。

F2のボケ具合

このレンズの最大の魅力はやはりそのボケ。
開放F2でのボケ具合はとろけるような美しいボケです。
上の写真は開放で撮影していますが、合焦している部分以外は被写体を浮き立たせるようにしっかりとボケてくれます。

85mmの中望遠の焦点距離であれば、簡単に前ボケを作ることも可能です。
今回ポートレートでの作例を撮ることができなかったのですが、このレンズはポートレートに最適だと思います。

少し絞れば、カリッとした表現も

開放F2での描写も素晴らしいのですが、こちらのレンズは少し絞ればしっかりシャープな描写も。
上の写真はF4まで絞った一枚。開放時に比べると、よりシャープな映りを見せてくれます。

こちらの写真もF4での撮影。
先ほど前ボケだった部分もシャープに描写されていますね。

こちらはF22まで絞った一枚。ここまで絞ることはあまりないとは思いますが、風景撮影などにも問題なさそうです。


いかがでしたでしょうか?

今度はこちらのレンズを使ってのポートレート作例などもインスタ等でアップしてきますので、ぜひフォローしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加