• HOME
  • ライフ
  • フリーランスとして味わった自由と、限界。アートディレクター大石智久さんvol.2

フリーランスとして味わった自由と、限界。アートディレクター大石智久さんvol.2

クリエイターの仕事や生活に役立つ情報をお届けするSHOOTEST Journal。今活躍中のクリエイターをパーソナリティとして迎え、日頃仕事や私生活で感じる疑問や悩みを専門家と解決していきます。
パーソナリティの一人、アートディレクターの大石智久さん。フリーランスのデザイナーとして地元に戻った大石さんが、フリーランスとして経験した自由と、限界についてお伝えします。


地元でのリスタートはコワーキングスペースから

ーーフリーランスのデザイナーとして地元に戻ってからは、どんな風に働いていたのでしょうか。

ちょうど地元に帰った時期に、コワーキングスペースができたんです。そこに入居したことでさまざまな人と知り合うことができたので、一緒に仕事をしたり、仕事をもらったり、という感じでした。

ーー友人と会社を起業した後のフリーランスという立場は、どうでしたか?

やっぱり安定感はなかったですね(笑)。でも、幸いなことに自分で営業をしなくても、これまでのつながりやコワーキングスペースで知り合った人経由など、さまざまな方面から仕事をもらうことができました。
なので焦りも特になく、のびのびと働いていましたね。

やりたいことを見失っていた時、「うちの会社に来ない?」と誘いが

ーーやりたい仕事はできていましたか?

結果的に3年ほどフリーランスで仕事をしていましたが、その中でだんだん、やりたいことを見失っていきました。さまざまな物を作っていたんですが、「自分のやりたいことは何だっけ?」と思うようになったんです。
そもそもこの仕事を始める時には、「人の役に立つ仕事をしたい」という思いが根本にありました。一番最初に通販のバナーなどを作っていた時も、それが売り上げにつながると思うとやり甲斐を感じたのですが、フリーランスとして仕事をしているうちに、だんだん、何がしたいのかわからなくなっていったんです。
今後どうしようかな、と考え始めたころ、ちょうどいいタイミングで、以前一緒に会社を立ち上げた仲間の一人から「うち(Pooka.)に来ない?」と誘ってくれたんです。

ーー声をかけてもらった時は、どんな風に感じましたか?

実は、フリーランスの時にSHOOTESTのWebサイト制作の仕事ももらっていました。SHOOTESTをはじめ、Pooka.のグループ会社であるYuinchuが手掛ける事業にすごく魅力を感じていたので、「Pooka.に入ったら、新しくやり甲斐を見つけられるんじゃないかな」という希望を感じました。もっと内部を見てみたい、という思いもありましたね。
フリーランスとして一人でやっていくことに限界を感じていたので、すごくいいタイミングで声をかけてもらったなと思いました。

フリーランスとして感じた限界とは

ーーフリーランスでやってるうちに感じた限界とはどんなことでしょうか。

スピード感ですね。自分一人なので、同時に複数の仕事を受けることが難しいです。撮影まで一人でやっているとかなり体力を使うので、「いつまで一人でできるんだろうか」という不安もありました。

ーー業務が多岐にわたるので、一人で完結させるのはなかなか難しいと。

そうですね。なので、声をかけてもらって、迷わずに入社を決めました。


次回は8/30(金)公開予定です。Pooka.に入社した大石さんが、アートディレクターとしてどんな仕事をしているかについてお伝えします。

※本記事アップ時点での内容となります。法律や手続き方法、名称などは変更されている可能性があります。

関連記事